社会を明るくする運動
仙台市推進委員会

紹介

「社会を明るくする運動」は、貧困に苦しむ子供たちのために始めた寄付金集めのイベント「銀座フェアー」が発端となり、全国的に広まっていったものです。

毎年7月を“社会を明るくする運動”~犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ~強調月間として、法務省が主唱し、すべての国民が犯罪や非行の防止と、罪を犯した人たちや非行をした少年たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪や非行のない明るい社会を築こうとする全国的な運動です。

仙台市推進委員会では、JR仙台駅や長町駅、地下鉄泉中央駅等において広報活動を行うとともに、区ごとに小学校1校を選定し、非行防止のための講習会などを毎年実施しています。“社会を明るくする運動”仙台市推進委員会には、仙台市5区に推進委員会があり、各区・各地区においても、区民祭りなどに併せ、様々な広報活動を行っています。教育機関や地域の方々との連携を深めながら、犯罪のない社会と子供たちの未来のため「社会を明るくする運動」を推進しております。

活動内容

令和3年度の主な取り組み

第71回 社会を明るくする運動
~犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ~
内容

令和3年、“社会を明るくする運動”は、第71回を迎えます。今回のテーマは、“#生きづらさを、生きていく。” です。

犯罪や非行のない安全で安心な明るい地域社会を築くための全国的な運動である“社明”は、犯罪や非行の背景にある生きづらさへの理解と、生きづらさを包み込むコミュニティづくりに取り組んでまいります。

このコロナの時代に、文字通り社会を照らし出す明るいメッセージを発信・拡散していくことができますよう、本年も“社明”へのご協力をどうぞよろしくお願い申し上げます。

令和2年度の主な取り組み

仙台市推進委員会

社明フェスティバル・みやぎ
内容
例年7月に社明宮城県推進委員会と共催で、「社会を明るくする運動強調月間」、「青少年の非行問題に取り組む全国強調月間」に開催していた「社明フェスティバル・みやぎ」は新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点から本年度は中止となりました。
社明フェスティバル・みやぎ
社明フェスティバル・みやぎ
広報
青少年健全育成講演会の共催【中止】
内容
7月の「青少年の非行・被害防止強調月間」、「社会を明るくする運動強調月間」に開催される「青少年健全育成講演会」は、新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点から、本年度は中止となりました。

例年、講演会の前に、社会を明るくする運動に継続的に協力若しくは功労があり、特に顕著と認められる功績がある個人又は団体を、民間協力功労者・団体として表彰しております。

●第70回(令和2年度)“社会を明るくする運動”仙台市推進委員会民間協力功労表彰受賞者6名
青少年健全育成講演会の共催

教育機関との連携

令和2年度の教育機関との連携事業については、新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点から、7月の“社会を明るくする運動”強調月間には、各区の推進委員等の学校訪問による講話は自粛とし、社明啓発物品を下記の対象校に配布するとともに、本運動の趣旨を盛り込んだDVDを活用し、理解啓発を図りました

取組内容
令和2年度対象校に啓発物品を配布
  • クリアファイル・チラシ
  • 絆創膏
  • エコティッシュ
クリアファイル
エコティッシュ
令和2年度対象校でのDVⅮの活用

DVⅮの映像

社会を明るくする運動啓発授業DVD
↑クリックすると、映像を閲覧できるページに飛びます。
令和2年度対象校
  • 仙台市立中山小学校(青葉区)
  • 仙台市立中野栄小学校(宮城野区)
  • 仙台市立若林小学校(若林区)
  • 仙台市立袋原小学校(太白区)
  • 仙台市立高森小学校(泉区)

各区推進委員会